コピー機購入に関して

Pocket

コピー機は電話機同様一家に一台が当たり前になってきただけに、購入の方法や適切に働いてくれるコピー機を適切に選ぶ方法を理解して、無駄なく導入できる事が求められています。もはやあればいいという時代は終わりました。実際様々な種類の機器が増えてきていますから、選択肢が豊富になった反面何をどのように選んだら良いのかも迷う事もしばしばです。

コピー機能だけではなくプリンターやfax機能そしてスキャナ機能など多機能で高性能な複合機が人気で、法人だけではなく個人ユーザーの間でも普及が進んでいます。確かに単体で導入するよりも場所をとりませんし、コストパフォーマンスもぐんと上がります。その分価格は高めになりますから、もしもコストダウンをはかりたいなら、今必要としている機能はなんなのかをまず検討してみるのが賢明です。

法人の場合は特に企業規模によって導入するコピー機の種類が違ってくるのは当然です。小規模企業なら1日平均500枚以下のカウンター数値で選ぶ方が、より安く導入できるでしょうし、場所をなるべくとらないようにコンパクトに設計されているものが一台あれば充分です。コピー機の高速化も進んでいますから、毎日大量の用紙を消費するならたとえば500枚以上の印刷を超高速で対応できるものでないと、業務に支障が出てしまいます。

通常家庭用なら1ヶ月のカンター数値はせいぜい1枚から10枚程度ですから、高速化は特に不用ですし卓上コピー機で充分でしょう。用途に合わせて機種を選ぶのが無駄なく導入できるこつです。コピー機の販売をしている店舗やサイトをチェックし、使用方法に合わせて選ぶようにしましょう。