インクか本体か

Pocket

複合機は元々多種多様な業務をこなす法人向けに開発されたものですが、一般家庭でも導入が進んでいるというのはコピー機の高速化や多機能化が進んだゆえんでしょう。多機能であればそれだけ経費もかかりますし普段用途が少ない機能ばかりついていてもしかたありません。種類や機能性から自分にとっての適切な機器を選ぶポイントにはなるのですが、もう1つ大事な着目点があります。

インクと本体とのいずれに重点をおいて購入するかです。インクで採算をあわせているメーカーですと本体は激安となっているものの、インクにコストがかかってくるケースが多いのです。それと比較して本体は高額なのですがインクが安いケースもあります。画像の鮮明さに重きをいくかどうか、こちらも用途による使い分けが必要になってきます。

現実問題として会議で使用する文書にカラー版が必須なのか、あるいは白黒でも充分間に合うのかといった都合もあるでしょう。こうしてみるとコピー機の選び方は使う目的で決まるとも言えます。ちなみに通常法人などで主流になっているのはレーザープリンターの複合機であり、一般家庭に普及が進んでいるのはインクジェットプリンターになるのですが、それぞれインクに顔料を使っているのか液体インクを使っているのかの違いになります。